抱っこひも(エルゴ)の収納カバーの作り方。



収納カバーというのは、こんな感じのもの↓


プレゼントにもらったら嬉しいですよね。
わたしは、自分の作ったよだれカバーと柄を合わせたいと思い、
また節約も兼ねて、自分で作ってしまうことにしました。
わたしはエルゴ360ですが、エルゴオリジナルや、エルゴアダプトでも使えますよ。


直線縫い・ゴム通し・スナップボタン付けで完成!!材料はこちら。


生地を切るところから完成まで、なんと所要時間1時間半。
予想以上に簡単でした。

*材料*
・60cm×50cmの布を2枚(リバーシブルになります)
・20cmのゴム2本
・スナップボタン4組
 ※わたしはプラスナップを使用しました。使い方は下記参照。
  プラスナップのハンディプレスの使い方。写真で丁寧に説明します!
  縫いとめる金属のスナップボタンや、マジックテープでも代用OKです。


さっそく、作り方を図解します。

まずは、60cm×50cmの布を2枚、表を内側にして重ねます。
[画像:510d1e04-s.jpg]

[画像:32a63815-s.jpg]

2枚の布を重ねたまま、60cmの両側を、ゴムを通せる間隔で2本、直線縫いします。(図の1)
[画像:962eba47-s.jpg]

直線縫いしたら、20cmのゴムを通します。
[画像:e2a05db5-s.jpg]

[画像:c5d976ba-s.jpg]

ゴムを通したら、布の両端とゴムの両端を、ミシンで縫い止めます。(図の2の位置)
[画像:011ae348-s.jpg]

60cmの布に対して、ゴムは20cmなので、こんな感じになります。
[画像:f0ed32b0-s.jpg]

そのあと、50cmのほうも、返し口を残して直線縫いします。(図の3。赤い線です)
[画像:2e49a7a5-s.jpg]

[画像:f2bd3dd5-s.jpg]

あとは、返し口から裏返して…
[画像:3f6f1656-s.jpg]

返し口の空いている辺を、端から端まで直線縫いします。
逆側の辺も、直線縫いで上から縫っておくと、きれいに仕上がります。
これで、ミシンは終了!
[画像:0da65ee9-s.jpg]

あとは、スナップボタンを4つ付けて、輪っかで留まるようにします。
[画像:9a261e60-s.jpg]

完成!!
アルゴアダプトを入れると、こんな感じになります。
[画像:e945ffa7-s.jpg]


収納カバーの使い方。

見ての通りなんですが、エルゴで赤ちゃんを抱っこしているときは、
両端のスナップボタンのみ留めておきます。こんな感じ。
[画像:881d87ca-s.jpg]

そして、赤ちゃんを下ろしたら、エルゴを腰につけたまま、
ウエストベルト以外の部分を全て収納カバーの中にしまうと、こんな感じですっきりします。

image

ウエストに巻きつけたままでもOKですし、ウエストから外して肩にかけてもOKです。
ウエストに巻きつけたまま赤ちゃんを抱っこすると、おしりがちょうど乗っかって便利だとか。

原価500円ほどで出来ましたよ!

生地は、片側にダブルガーゼ、片側にふつうの綿の布を使いました。
両側がダブルガーゼだと少し弱いと思いますが、他の布ならなんでも良いかと思います。
ゴムは0.5mm幅のもの(手元にあったので)、スナップボタンは大容量の安いものです…。

なかなか安上がりで簡単で、しかも洗濯もできるので、
収納カバーが無くて不便だなぁ…という方は是非、作ってみてくださいませ。