ミルクのお湯は、普通の電気ポット「TIGER とく子さん」を使用中。

Fotor_151757608655227

この記事は、
「ミルク調乳に便利な電気ポットがほしい!」
「ミルクを卒業しても使える電気ポットがほしい!」

という方に向けた記事です。

我が子も、あっという間に生後5ヶ月。
現在、母乳を中心に育てつつも、
1日1-2回はミルクをあげています。

出産前に、これまで使った電気ケトルを処分し、
この電気ポット「とく子さん」に買い替えました。
これが、大正解。めちゃくちゃ便利です。

今日はそんな「とく子さん」を、徹底レビューしたいと思います!

【2022.1.1追記・更新】
なんと、我が子も、もう4歳です。
相変わらず、とく子さんを毎日使い倒しています。
コーヒーやお茶を淹れたり、インスタントのスープを入れたり、
ちょっと子供には濃い味のスープを薄めたり…。引き続き快適です。

【2022.12.2追記・更新】
ついに、このときのとく子さんが故障してしまいました…(スイッチの不具合)
5年ほど毎日使い倒したので仕方ないと思い、二代目とく子さんを導入しました。
相変わらず、めちゃくちゃ使いやすいです!!
ブラック一色のようですが、部屋になじんでいてとても良いです。

最新のとく子さん↓




*レビュー目次*
  • 見ためがスタイリッシュ
  • 「哺乳瓶モード」で70度をキープ
  • 蒸気が出ないので、赤ちゃんも子供も安心
  • 実は「ドリップモード」が便利
  • もちろんずっと使える




見ためがスタイリッシュ!


我が家にて愛用中の、電気ポット「とく子さん」。
買ってから気づいたメリットはたくさんあるんですが、
購入したときの決め手は見た目でした。
電気ポットって、お洒落なものは少ないし、お洒落だと機能が減ってしまう。
そんな中で、機能が最新レベルで充実していて、
なおかつスタイリッシュだったのが「とく子さん」でした。



【2022.12.2追記・更新】
最新のとく子さん。ブラックで、部屋になじんでいい感じです↓↓


この直線のフォルム、よくある電気ポットのデザインとは、全く異なる美しさでいいですよね。
おしゃれなデザインなのに、TIGERで機能もばっちりなのが、本当にうれしいです。
機能がたくさんあるのに、表示はすっきりしているので、
リビングやキッチンの雰囲気を壊すこともありません。



「哺乳瓶モード」で70度をキープできる!


とく子さんがミルク調乳に向いている一番のポイント。
それは、ミルク専用の「哺乳瓶モード」があることです。
一度沸騰させたお湯を、常に70度にキープしてくれるんです。

正直、毎日ミルクを作るようになるまでは、
「90度でも70度でも、どうせ調乳したあと冷まさなきゃいけないし、そんなに変わらないんじゃ…」と思っていました。

しかし、実際使ってみると、
90度と70度では、調乳したあとに冷ます手間が、全く違います!!
70度だと、冷ますのがめちゃくちゃ楽です。
わたしは母乳の後にミルクをあげているのですが、
まずミルクを作って、母乳をあげている間に放置しておけば、自然と冷めます。
わざわざ水道水で冷ます必要がないんです。

もともと、実家への里帰り中は、
90度設定の電気ポットで作って、
毎回水道水で冷やしていたのですが、
授乳で疲れている身にとって、しんどい工程の一つでした。
自宅に帰って、70度のお湯で調乳するようになって、
えーこんなに楽だったのか…と、感動したのでした。

ちなみに、コーヒーやお茶を淹れるために、
熱湯も同時並行で使いたい場合は、
沸騰ボタンを押せば、数分でお湯が沸きますよ!
(正確な時間は、残りのお湯の量によりますが)






蒸気が出ないので、赤ちゃんも子供も安心。


これも、とく子さんを選んだ理由の1つ。
蒸気レス。

その名の通り、蒸気が出ないので、蒸気でヤケドする心配がありません。
子供が成長したとき、
ポットの上から出ている蒸気を何気なくさわってヤケドしてしまうのを防ぐには、重要なポイントです。
また、ポットを棚の中に置く場合に、
蒸気で上の棚が湿ったり、カビが生えるのも防げますよ。

【2019年5月追記】
我が子もあっという間に1歳7ヶ月。
なんでもさわりたい年頃なので、
蒸気が出ないのは本当に助かります。

【2022年1月1日追記】
ついに4歳を過ぎましたが、
椅子にのぼってあらゆるものに触れるようになったので、
やはり蒸気レスでよかったーという気持ちです。




買ってから気がついた「ドリップモード」の便利さ。


買ったときは気にしていなかったのですが、
このとく子さんには「ドリップモード」があります。
給湯ボタンが2つあり、
普通モードを押すと普通にお湯が出てきて、
ドリップモードをほうを押すとお湯が細めに出るのです。

これが意外と、ミルク調乳のときに便利でした。
普通にお湯を注ぐと、正確な分量より、
つい多めにお湯を入れてしまいがちなんです。
特に生まれてから数ヶ月は、
一回分の量が40mlや80mlと少ない上に、
ちゃんと分量通りに調乳したいもの。
ドリップモードだと、簡単に分量ぴったりのミルクが作れて助かりました。




もちろんずっと使える。


最後に、何よりも重要なのはこれ。
赤ちゃんにミルクが必要な期間って、短い場合が多いんですよ。
そして、実際に育ててみないと、
どのくらいの期間になるかわからない。
母乳ばっかりでミルクをほとんど飲まない子もいれば、
長くて1年〜1年半くらい飲む子もいます。

それは事前にわからない上、長くても一年半と考えると、
ミルク専用ではなく、その後もずっと使えることはとても重要です。
第二子や第三子が生まれても、そのまま使えますしね。

我が家は、妊娠する前に、
電気ケトルからこの電気ポットに買い替えたのですが、
もうその時点で、
「すぐにお湯が出るのってこんなに快適なのか…」
「何故これまで、わざわざ電気ケトルで毎回沸かしていたんだろう…」
と感動したものでした。
電気代も、1日数回使うならとく子さんのほうが安かったので、
もっと早く買えばよかったと後悔したのを覚えています。



まとめ。


以上、ミルク調乳にオススメの電気ポット「とく子さん」をレビューしました。
参考になりましたでしょうか?

スタイリッシュで、
ミルク調乳の負担が楽になって、
普段使いにも便利なとく子さん。

是非ともこの機会に、検討してみてください!!

最新のとく子さん↓