アトピーが治らなくても結婚できた話。

子どもの頃から、ずっと治らないアトピー。
顔も身体も見るからにアトピーなので、
ずっと「一生結婚できないだろう」「もう諦めよう」と思っていましたが、
30歳を手前に、なんと結婚をして、昨年子どもを出産しました。

ネットを見ていると、アトピーのコンプレックスにつけこんで、
よくわからない健康食品や、高額な商品を売り込むページばかり。
まるで、完治しないと幸せになれないかのような宣伝文句が並んでいます。

でも、本当にそうでしょうか?
わたしは、結婚して出産した現在でも、まだアトピーと付き合っています。
普通にお医者さんに通って、薬を塗って、症状が良くなったり悪化したりする毎日です。
アトピーに苦しみながらも、夫と子供と、楽しく暮らしています。

この記事では、一ミリでも「結婚したい」という気持ちがある人に、
コンプレックスまみれだった、わたしの経験を紹介したいと思います。
あやしい健康食品や自己啓発セミナーの宣伝は出てきませんので、ご安心ください。
(自動で広告が表示されたらごめんなさい!)

わたしは、現在の夫に出会うまで、
「アトピーでも結婚できた人の話なんて聞きたくない…」
「どうせ自分には無理なんだし…」と、ずっと思っていました。
そもそも「結婚したい」という自分の気持ちに向き合って、傷つくのがものすごく怖かった。
少しでも期待してしまうのが、ものすごく怖かった。

でも、25歳のときに、
「多分結婚できないけど、1%くらいは可能性があるかもしれないから、5年くらい頑張ってみよう」
と決めて、たくさん落ち込みながらも、なんとか頑張ってみました。

いま、心が折れて、諦めかけている方に、
少しでも読んでもらえたら、何かお役に立てたら、とても嬉しいです。






恋愛も結婚もずっと諦めていた学生時代

わたしは、子どものころからアトピーがひどかったので、
中学生くらいから、
「きっと一生誰かと付き合うことはないだろう」
「結婚なんて、絶対できないだろう」
と思っていました。

今でも覚えているのが、保健体育で、子どもができる仕組みを習ったとき。
「わたしのアトピーだらけの身体なんて、絶対男の人に見せられないのに」
「こんな身体を見たら、嫌いになるに決まっているのに」と、絶望しました。

そして、高校生のころには、
「わたしは一生結婚できない」と確信し、
「独身でも一人で食べていけるようになろう」と、決心していました。
当然、誰かと付き合うことなんて、夢のまた夢。
学校のイケメン男子にこっそり憧れていましたが、
「わたしなんかが彼のことを好きだなんて、恥ずかしくて誰にも言えない」と、
思春期の淡い気持ちを、誰にも言えず、自分の中で消化していました。

大学に入ってからは、なんと奇跡的に、
わたしのことを好きだと言ってくれる先輩が現れました…!
しかし、他に彼女がいて、電話もメールも許されず、
ごくたまに向こうから連絡が来て、ごはんを食べに行くだけの関係。
いま考えても、あれはなんだったんだろうという関係ですが、
それでも「わたしなんかと一緒に、二人でごはんを食べてくれる人が存在するだけで幸せ」と本気で思っていました。

数ヶ月のうちに連絡は来なくなりましたが、
わたしは「この人を失ったら終わりだ」と思い、
その先輩をしつこく追いかけ、何度も告白をしては断られ、そのたびに一人で家で号泣していました。
そんな恐ろしい片思いも、相手が先に大学を卒業して強制的に終了となり、
改めて「わたしなんかが誰かと付き合えるかもしれないなんて、期待したのが間違いだった」と思い、学生時代に終わりを告げたのでした。



マルチ商法やトンデモ治療法に引っかかった20代前半

暗黒の学生時代に別れを告げ、社会人生活に突入。
しかし、社会人になった20代前半は、もっと暗黒でした。

大手金融機関の営業として、飛び込み営業をスタートしましたが、
1ヶ月経ってもお客さんが一人もできず。
ただでさえ無い自信が、地の底まで落ちていって、精神的に参ってしまいました。

さらに、真夏は、直射日光の中でスーツを着て、一日中外回りで汗びっしょり…という毎日。
アトピーの状態も最悪になり、肌はボロボロ。身体はへとへと、心はズタボロでした。

そんな中、なんと学生時代に好きだった、あの先輩から連絡が…!
久しぶりに会ってみると、知らない女性が一緒にいました。
そして、「これを飲めばアトピーが治るはず」というサプリメントを紹介され、
「きっと自信がついて、営業ももっと頑張れるはず」と、高額な契約を提案されたのです。

マルチ商法だ…!
先輩は、そのためにわたしを誘ったんだ…!

衝撃でした。
まさか、マルチの勧誘とは。
呼び出されたとき、嬉しかったのに。
あのとき喜んだ自分が、本当に悲しかったし、悔しかった。

しかし、そのショックもつかの間。
あまりにも自信をなくしていたわたしは、
その女性と先輩の熱心な勧誘に、なんと負けてしまったのです。

「もしかしたら、本気でわたしのことを考えてくれるのかもしれない」と思い、
「そうじゃなかったとしても、もうこの人になら、だまされてもいいや」と諦め、
高額なサプリメントを購入してしまったのでした。

ちなみに、そのサプリメントの効果はまったく感じられず。
結局、先輩との連絡を断ち、残ったサプリメントは捨てました。

その後も、わたしの精神不安定はつづき、
アトピーが治るというあやしげな治療院に通ってしまったり、
ありえない健康法を試してしまったりしました。
お金と時間を無駄にしまくる、人生でいちばんの暗黒時代でした。

そして結局、入社してから1年半が経っても、営業成績はまったく上がらず。
精神的におかしくなる一歩手前で、転職することを決めました。
(この転職の話は別の記事で→アトピーで営業職がしんどくて、転職した話。あのとき辞めてよかったよ。

このとき転職したことで、暗黒時代は、無事に幕を閉じました。

「期待するのは怖いけど、5年間は頑張ってみよう」と決めた


転職に成功し、自分を評価してくれる会社で働き始めたことで、
わたしの精神状態は、ようやく回復していきました。
アトピーが治ったわけではありませんでしたが、
1日中外回りをしていたときに比べればマシになり、
プライベートでも、学生時代の友人に会ったりして、毎日が楽しくなっていきました。

そして、だんだん仕事で自信を得られるようになると、
改めて、自分のこれからの人生を考える余裕が出てきました。

もう25歳。子どもじゃない。
これから死ぬまでどうやって生きていこう、と本気で考えたのです。

そこで、何度考えても、
どうしても頭の中に浮かんでくる気持ちがありました。

それは、「本当は、誰かと結婚をして、家庭を築きたい」という強い気持ち。

わたしは、アトピーで劣等感だらけでしたが、
両親とも姉妹とも仲が良く、
自分の家族と一緒に過ごす時間は、人生に欠かせないものの一つでした。

それまでずっと、「結婚できるわけがない」という前提を掲げて生きてきたけれど、
本当は、心の底から大切に思える人と出会いたい。
その人と家族になって、死ぬまで一緒に生きていきたい。
そういう気持ちが、自分の中に強くあることに気付かされました。

ただ、少しでも「結婚できるかもしれない」と期待して、傷つくのが怖い。
ずっとそう思い、自分の気持ちにフタをしつづけてきました。

でも、もう25歳。
出会いを求めるなら、一刻も早い方がいい。
この現実を前に、さんざん悩んだ末、
「もう自分の気持ちから逃げるのはやめよう」と決めました。

「期待してもしなくても、どうせ結婚できなければ、結果は同じ」
「だったら、1ミリくらいは可能性があると期待して、
 結婚できるように出会いを探してみようじゃないか」

と、自分に言い聞かせたんです。
「世の中に一人くらい、わたしと結婚してくれる人がいるかもしれない」と。

そして、「5年間は頑張ってみて、ダメだったらもう諦めよう。一人で楽しく生きていこう」と期限を決めて、
出会いを求めて行動を開始しました。

合コンは全部ダメ。でも「人間性を否定されているわけではない」と言い聞かせる。

結婚に向けて頑張ろうと決めてから、
まず、合コンの誘いを断るのをやめました。
それまでは、学生時代の友人や、会社の先輩に誘われても、
「自分なんかが言ったら、男性陣にがっかりされるに決まっている」と思い、
何かしら言い訳をして断っていました。

でも、勇気を出して、誘われたら行ってみることに。
ちょうど冬だったので、タートルネックにタイツ、顔もお化粧をして、
出来る限りアトピーを隠して行きました。

しかし!
何回行っても、合コンは全然うまくいきませんでした。
素敵だなーと思う人がいても、声をかけられることは全くなし。
こちらが頑張ってメールをしてみても、一度会ったらもう終わり…という負けっぷりでした。

でも、わたしはなんとか自分に言い聞かせました。
「別に、自分がダメな人間だと言われているわけじゃない」
「ただ、その人にとっては、お付き合いしたい対象ではないだけなんだ」
と。

だって実際にそうなんですから。
「お前は人間として価値なし!」と言われているわけではありません。
そうやって、落ち込む心を自分でなぐさめました。

一方で、嬉しいこともありました。
それは、なんと、自分をデートに誘ってくれる人が何人かいたことです。
大抵は、40歳を過ぎて結婚を希望しているおじさまや、
30歳を過ぎて誰とも付き合ったことの無い男性など、
正直、「とにかく誰かを探している」感じの男性でしたが…。

その何人かとは、何回かデートを重ねました。
でも、一緒にいても楽しいと思えず、
どうしても付き合う気になれませんでした。
その判断基準は、
「この人と結婚するのと、独身でいるのと、どっちがいいんだろう?」ということ。
そして、「こんなわたしを誘ってくれたことはすごく嬉しかったです」とお伝えして、
丁重にお断りしました。

ただ、当時のわたしは、どんな相手でも、
誰かから好意を持たれるだけで、めちゃくちゃ嬉しかったです。
おじさまでも誰でも、感謝の気持ちでいっぱいでした。


結局、合コンで相手をゲットすることはできませんでしたが、
わたしは少しずつ、「もしかしたら可能性はあるかもしれない」と自信をつけることができました。


「結婚出来なくても、自分が楽しめる場所」を探して。

そのあと、わたしがチャレンジしたのは、
社会人が集まるサークルやイベントでした。
特に、わたしは読書が好きだったので、
最近よく話題になっている読書会に、数多く足を運びました。

100人規模で開催されているものから、
5-6人でカフェでこじんまりと開いているものまで、様々な会に顔を出しました。
お互いが好きな本を紹介したり、みんなで同じ本を読んで感想をおしゃべりしたり。

初めは緊張してしまい、楽しむ余裕はありませんでしたが、
何回か参加するにつれて、少しずつ慣れていきました。
いつも心がけていたのは「同じ会に3回は行く」ということ。
1-2回目は、ほとんどの人が初対面なので
3回目くらいでやっと、リラックスして、自分の素を出すことができたからです。

そして、半年くらい経って、ひとつの大規模な読書会の常連になりました。

5-6人の小規模な読書会もよかったのですが、
主催者にマルチ商法の勧誘をされて、うんざりしてやめました…。
大規模な読書会は、いろんな人がいて、あやしげな勧誘もなく、安心して参加することができたのです。

そして、いろんな人とじっくり本の内容について話すことが出来て、
気が合うなー素敵だなーと思う男性にも、何人も出会うことができました。
一対一のデートをしなくても、月に1-2回会うことができる。
お互いの考えをたくさん話すことができる。
本が好きなわたしにとって、ベストな場所でした。

そのうちわたしは、読書会そのものが楽しくて、足を運ぶようになりました。
毎回楽しんで参加しながら、あわよくば結婚相手も見つかるといいな、という気持ちでした。
仲の良い友人も増え、プライベートでも遊びに行くようになりました。

そして、読書会に参加し始めて1年くらい経ったころ、現在の夫に出会いました。
初めは友人として、読書会で会話をする関係でしたが、だんだん気が合うなーと思い始め、出会って1年ちょっと経ってから、告白してもらうことができました。

まるで夢のような話ですが、
夫はアトピーのことも気にしないと言ってくれました。
「君のことが大好きだから気にしないよ!」とかではなく、
本当にどうでもよい様子で、それは現在も変わっていません。
そんな人もいるのか…とびっくりしましたが、「気にしない人も多いと思うよ」とのこと。
とにかく、とても気が楽です。

そして付き合う前から、「わたしは数年以内に結婚したい」と口にしていたので、
付き合いはじめてから1年半で、結婚することになりました。

以前は「わたしなんかが、結婚したいなんて恥ずかしくて言えない…」と思っていましたが、
このときは「万が一誰かと付き合えても、結婚願望がなかったら意味がない」と割り切っていました。
そこで、自ら恥ずかしさを捨てて「結婚願望がない人とは、どんなに好きでも付き合えない」と話していました。
夫はその上で告白してくれたので、結婚してくれるのかな…と心配せずに、楽しく付き合うことができました。

こうして、わたしの結婚相手探しは、無事に成功して幕を閉じたのでした。


アトピーのままでも結婚できた3つの理由

ここでは、自分が結婚できた大きな理由3つを紹介します!

1. 自信のなさがプラスに働くこともある

意外なことに、自信のなさがプラスに働くことがありました。
それは、「もともと結婚できないと思って生きてきたから、小さなことでへこたれない」ということ。

同じ年代の、キラキラしている女性陣の多くは、
「大人になったら、普通に結婚して出産すると思っていたのに、なんでできないんだろう」
とよく落ち込んでいました。
みんな「こんなはずじゃなかったのに」という感じなのです。

一方で、わたしは、
「絶対結婚できないと思っていたから、誰も付き合ってくれなくて当たり前」
「結婚できたら超ラッキー」
くらいの感覚。
周りの女性陣が結婚していっても、
変に焦ることもなく「そりゃそうだよね」と思っていました。

これまでのマイナス思考が、
なんと「うまくいかない覚悟ができている」というプラスの方向に働いたんです。
少しのことで落ち込んで卑屈になることはありませんでした。
そのおかげで、いつも笑顔でいることができたし、卑屈なところを相手に見せてがっかりさせずに済みました。

2. 自分が楽しめる場所で、たくさんの人と知り合いになる

当たり前ですが、出会う人数が少なければ、チャンスはその分少ない。
そう思い、出来るだけたくさんの人と知り合いになれるよう、
いろんな社会人サークルやイベントに顔を出しました。

基本インドアかつ人見知りなので、初めはしんどかったですが、なんとか頑張りました。
特に、初めて行くサークルやイベントは、
正直楽しむ余裕はなく、笑顔はこわばって、疲れることばかりでした。
でも、同じ集まりに何度も参加しつづけると、
少しずつ知り合いが増えていって、楽しめるようになっていきます。
夫に出会ったのも、月一ペースで1年ほど通っていた読書会でした。
すでに知り合いが多く、リラックスして楽しんでいたので、
自然に仲良くなることができたのが、付き合えた理由の一つだったと思います。

3. ひたすら自分を励まして諦めない

これも、ものすごく大切です。
合コンでもダメ、紹介でもダメ、社会人のサークルやイベントでもダメ…と、
わたしは全く芽が出ない時期が2年ほど続きました。

それでも、卑屈にならないように、
「人間性を否定されているわけじゃない」
「どうせ結婚できない覚悟はできているんだから、あとちょっとだけ頑張ろう」
と、週末のたびに自分に言い聞かせていました。

事実として、自分には大切な家族がいて、仲良くしてくれる友人がいる。
卑屈になったら、そういう家族や友人に失礼だ。
そう思うことで、何年もトライしつづけることができました。


さいごに。

わたしは、たくさんの人に、自分がリラックスできる場所で知り合ったことで、
気の合う結婚相手に出会うことができました。

最近は、読書会だけでなく、
バドミントンやテニスなどスポーツのサークルや、
ボードゲームの会、その他趣味の会など、
たくさんの社会人サークルやイベントがあります。
是非、自分が楽しめる場所を探して、そこで相手を見つけてみてください!
初めは疲れると思いますが、たくさん回れば、ひとつくらい自分のリラックスできる場所が見つかると思います。

また、どうしても「わたしはサークルやイベントなんて無理!」
「人見知りだし、自分は出せないし、楽しめない…」
「やっぱりアトピーだと思われるのが怖い」という人には、
真逆のアプローチである「結婚相談所」もおすすめです。
わたしも、夫と付き合うのがあと数ヶ月遅かったら、申し込んでいました。

結婚相談所の何がいいかというと、
・お互いの結婚要望がはっきりしている
・「お付き合いできたけど結婚してくれない」という事態が避けられる
・「アトピーでもOKという人」にだけ会うことができる!!
というところでしょうか。

結婚相談所は、はじめに条件をすり合わせてから相手に会うことができるので、
アトピーが嫌な人は紹介しないように、頼むことができます。
これで、余計に傷つく必要がなくなります。
結婚相談所はいろいろありますが、コンサルティングが丁寧な婚活ラウンジ「IBJメンバーズ」  あたりがおすすめです。

また、わたしがつい卑屈になりかけたとき、いつも読むバイブルがこちら。


「嫌われる勇気」【Amazon】 【楽天】

大ベストセラーの「嫌われる勇気」です。

もともと自己啓発本は苦手なのですが、
この本は、とてもわかりやすくアドラーの心理学を説明してくれる一冊。
「本当にそれはコンプレックスのせいなの?」
「もっとこういう考え方も出来るんじゃないの?」
と、考え方を紹介してくれます。

特に印象的なのは、
「もしもXXじゃなかったら、もっとこうだったのに」
と思うことで、現実から逃げることを、自分で選んでいるんじゃないの?
という一節。

いやー。うるさいな!わたしの気持ちなんか知らないくせに!とも思いますが、
読み終わる頃には、ちょっと勇気を出して進んでみようかな、とゆるやかに思わせてくれます。

いま悩んでいる皆さん。
無理はせず、自分のペースで、自分のために、一歩を踏み出せることを祈っています。

結婚できてもできなくても、人間としての価値はまったく変わりません。
ただ、自分が結婚したいなら、勇気を持って少しだけ期待してみてもよいと思いますよ!!