藤沢市の保育園、2018年4月入所の一次選考が終了したようですね。

藤沢市のホームページにて、選考の詳細を公開中。

まだ我が家には、通知は届かないのですが…。
すでに藤沢市のホームページには、
今回の選考の「申込数」や、
1次選考後の「クラスごとの空き数」が公開されています。

そしてなんと、今年からは、
「どの指数の人まで入れたのか」も公開されているのです…!




指数の見方について。

各保育園の年齢ごとに指数が記載されています。
多いのが「10F11」や「11F11※」などの指数。

わたしの第一希望の保育園は、0歳児「10F11※」でした。
これはどうやら、「点数10点・優先順位F・調整項目1点」という意味の様子。
  •  点数10点→フルタイム共働き
  •  優先順位F→仕事のため保育が必要
  •  調整項目1点→育休明けの復帰
という、非常にスタンダードな点数。
私はまさにこの点数です…。

そして重要なのが、そのあとの「※」。
この「※」は、「この点数が最低ラインで、この同じ点数の中で入園できる人とできない人がいました」という意味。
その場合、「市民税の低い順、他の施設に預けている期間が長い順、待機期間が長い順から選びだしたよ」という意味でもあります。

つまり…
この点数だけでは、我が子が入園できたかはまだわからず…!!

通知を待つしかない、ということです。
いやー。
そうですよね。
そうだと思いますけど。

郵便受けを何度も見に行ってしまいましたが、まだ届いておらず。

この指数一覧などが公開されたということは、通知の到着もすぐ届くと思うので、
深呼吸しながら待ちたいと思います。


もっと詳しい指数の読み方はこちら
【藤沢市の保育園】公表される「入所内定最低指数」の読み方を解説!



先日の記事
藤沢市で保育園探し。「2018年、0歳児なら入れますか」と聞きました。





*この記事を読んだ人へのおすすめ*


湘南で宿泊するなら、おしゃれで人気なエイトホテル(8ホテル)がおすすめ!

離乳食ベビーの子供椅子。ローチェアで食事するメリット ベスト3 

赤ちゃんに人気の「いないいないばあ」絵本 ベスト4を紹介!