大河ドラマ「西郷どん」、始まりましたね。

先日、関連本の記事をアップしましたが(大河ドラマ「西郷どん」が何倍も楽しくなる!!関連本3選。)、
今回の記事では、子供におすすめしたい西郷隆盛の本と漫画を紹介したいと思います。

自分も子供のころ、大河ドラマを見ながら、
登場人物の伝記を買ってもらって読むのが大好きでした。
昨年生まれた息子と、早く一緒に大河ドラマを見たいなぁ、と今から成長が楽しみです。





1. 漫画なら「学研まんが日本の伝記 西郷隆盛」



「学研まんが日本の伝記 西郷隆盛」【Amazon】【楽天】

学研の日本の伝記まんがシリーズの一冊。
とにかく、絵がきれいで、カラーページが多く、ぐいぐい読みやすい!!
細かくエピソードを詰め込むのではなく、
メリハリをつけたストーリーになっているので、入門の一冊にぴったりです。

そして、今回の大河ドラマをきっかけに発行されたようで、
2017年12月に刊行された、出来立てほやほやの一冊です。
歴史は、通説がよく変わることもあるので、新しく発行されているのも嬉しいポイント。
まずは「まんがで学びたい!」という人にはぴったりの漫画ですよ。
「学研まんが日本の伝記 西郷隆盛」リンクはこちら→【Amazon】【楽天】


2. 講談社火の鳥伝記文庫「西郷隆盛」

漫画ではなく本で学びたい、という小学生や中学生に。
西郷隆盛の伝記の文庫本なら、こちらが一番おすすめです。

講談社火の鳥伝記文庫「西郷隆盛」【Amazon】【楽天】


この本が一番おすすめの理由は、
「小学生向けで読みやすいけれど、内容がしっかりしている本」だからです。
文字の大きさも小学生にちょうど良く、漢字にもふりがなが振ってある一方で、
「歴史の中で、西郷隆盛がどのような役割を果たしたか」を、ていねいに語ってくれています。

対象年齢は「小学校高学年から」と書いてありますが、
本を読む習慣がある子なら、高学年ではなくても大丈夫だと思いますよ。

講談社の火の鳥伝記文庫は、
内容がしっかりしているのに簡単で読みやすいので、
ぜひ一押ししたい、子供向けの伝記シリーズです。


ちなみに、火の鳥伝記文庫では、
1982年に「西郷隆盛」を発行しているんですが、
今回の「西郷どん」に合わせて、35年ぶりに表紙も内容もリニューアルされたようです!

講談社火の鳥伝記文庫「西郷隆盛」リンクはこちら→【Amazon】【楽天】


3.青い鳥文庫「西郷隆盛」

小さな子供ならこちらをおすすめ。

青い鳥文庫「西郷隆盛」【Amazon】【楽天】

青い鳥文庫といえば、伝記より物語のイメージですが、
「歴史人物ドラマ」というシリーズも持っていて、西郷隆盛も発行されています。

こちらは、対象年齢は「小学生中学年から」とされていて、
火の鳥伝記文庫に比べて、文章だけでなく、内容もやさしいイメージです。
「歴史にどう影響を与えたか」という視点というよりは、
西郷隆盛がどんなに心やさしいヒーローだったのか!という感じ。


そのため、歴史が好きな子には、少し物足りないかもしれません。
一方で、物語が好きな子や、歴史が苦手な子、歴史がとっつきにくいという子には、
歴史色が強すぎないので、とても読みやすくて良い一冊だと思います。

青い鳥文庫「西郷隆盛」リンクはこちら→【Amazon】【楽天】


以上、子供・小学生におすすめしたい、
「西郷どん」こと西郷隆盛の伝記本&漫画3選でした!

ぴったりの一冊は見つかりましたでしょうか?

わたしは、小学生の頃、大河ドラマと一緒に読んだ漫画や文庫本、未だに覚えています…!
ぜひ、大河ドラマを楽しみつつ、思い出の一冊にしてくださいね。


✳この記事で紹介した漫画・本✳




*関連記事*