小川クリニックで出産しました!
無痛分娩の出産記録、つづきです。

深夜を越えて、痛みがふたたび激痛に。

麻酔が効いてきて、痛みがなんとか耐えられるレベルになり、夫に帰宅を促して一人で耐え始めたのも束の間。
深夜の2時頃には、ふたたび痛みが激痛へと変わっていきます。
今までの人生で一度も味わったことのないような痛み。
3-5分ごとに、1分ほどの激痛がやって来ます。
助産師さんを呼んで内診してもらいますが、子宮口はまだ3センチしか開いていないとのこと。

特に麻酔が追加されることもなく、ひとりで痛みに耐えつづけます。
麻酔を投与する前を超える痛みに我慢できず、再度ナースコールをするも、主担当でない方が来て、痛みを訴えても呆れたように苦笑いをして去っていくのみ。

入院全体を通してそうだったんですが、
日中と夜、常に主担当となる助産師さんがおり、必要な処置をしたり、こちらの訴えに耳を貸してくれます。
その一方で、主担当の方が忙しいときや不在のときは、別の方が来るのですが、主担当でない方は軒並みやさしくない…。
おそらく自分の仕事があるのに、という感じなのでしょう。

出産後の入院中、陣痛時に冷たかった助産師さん複数名が、とてもやさしく振る舞う姿を見て、「ああ、もともと冷たい人ではないんだな…」と、なんともいえない複雑な気持ちになったものです。


麻酔追加。夫がようやく到着。朝まで耐える。

痛い痛いと叫びまくっていると、やっと主担当の方が来て、麻酔の量を増やしてくれました。それが深夜の4時ごろ。
しかし、陣痛の痛みが増すほうが大きかったのか、痛みは減らずに増すばかり…。
そこに、ふたたび呼び出した夫が到着したので、さらに大きな声で痛い痛いと叫びながら、痛みを和らげるべく深呼吸。
そんな状況が、朝の8時ごろまでつづきました。

麻酔の効果ですが、もともと「陣痛はある程度残して、分娩の痛みは取る」と聞いていました。
確かに、助産師さんに麻酔を追加してもらうと、腰より下の感覚はほとんど無くなります。
内診をされても、なんの感覚もありません。
その一方で、お腹をおそう陣痛の痛みは、想像を絶する激痛です。
「ああ、これが分娩の痛みは取って、陣痛は残すということか」と思いました。
ある程度どころか、残りまくりでしたけど…。

とにかくお腹の下のほうがめちゃくちゃ痛い。
でも、腰より下の感覚はない。足もほぼ動かない。
なんともいえぬ感覚でした。

朝8時過ぎ、分娩室へ移動。

助産師さんが何度も来て内診をして、「あとちょっとだね」と言って去っていきます。
何センチとは教えてくれず。
前回3センチだったので、あとちょっとと言われても、どうせ5-6時間後なんじゃないの!と悲しい気持ちに。

そうこうしているうちに、「ちょっと早いですけど分娩室へ移動しましょう」と言われ、車椅子で分娩室へ。
麻酔で足の感覚がまったく無いので、助産師さんと夫に身体を抱えてもらい、なんとか車椅子に移動します。
そのまま分娩室のベッドに横たわり、足をのせて待機。この間も激痛。
夫の立ち会い位置は頭の後ろ側と決まっていて、頭や顔をさわりながら声をかけてくれたり、水を飲ませてくれたり。

ここから、自力でトイレにも行けなかったので、カテーテルで導尿してもらいます。
さらに麻酔が一気に増やされ、徐々にお腹の痛みも和らいできました。

いよいよ分娩の始まりです。
つづく。