小川クリニックで出産しました!
出産の記録、つづきです。

入院2日目、ついに陣痛促進剤の投与がスタート。

破水から入院して初日は丸一日様子見のまま。
2日目の朝、弱めの陣痛に耐えつつ院長の診察を受け、「まだ子宮口1センチだね」ということで、陣痛促進剤の投与が決定。
点滴ではなく、1時間に1錠、6時間続けて飲むタイプの促進剤でした。
説明によると、点滴は陣痛を起こすものの子宮口は開きづらいらしく。
経口薬は、陣痛を起こしつつ子宮口も開きやすくする効果があるということで、経口薬になりました。
10時から1錠ずつスタートです。


12時頃から痛みが強くなり、声を我慢するほどに。

促進剤を飲みはじめて数時間。
12時頃には、10分おきに強い痛みが。
生理痛のひどいときより、もっとずっと強い痛みで、思わず、うーっ、と声が漏れます。
陣痛室の隣には別の人がいるため、我慢しつつも、つらい。
何度か助産師さんに訴えるものの、内診をしても「まだまだですね」「そこまでの痛みではないはず」「麻酔を始めるレベルではない」とのこと。
痛いのに、まだまだ進行していないという事実と、痛くないと言われたこと、さらに麻酔のチューブが入っているのに投与されない、という状態に打ちのめされました。
夫に、早く面会に来てとヘルプを。
その間も痛みは増し、小声で「痛い痛い痛い…」「つらい‥」とずっとつぶやきながら、痛みに耐えていました。
お昼ごはんは食べる余裕がなく、手を付けませんでした。

夫が来た瞬間に号泣

午後15時頃、ようやく夫が陣痛室に到着。
なんと、顔を見た瞬間に、すがりついて号泣しました。
普段、泣くことなんてほぼ無いので、さすがの夫もこのつらさに気がついた様子。
ひたすら励ましてくれます。

そこからは、10分に1回の痛みのたびに、遠慮なく「痛い痛い痛い」と言葉を発し、一緒にゆっくり深呼吸をしてもらって、痛みに耐えました。
その間、助産師さんによる内診がありましたが、やはり麻酔の投与は無し。

夕方から麻酔薬の投与がスタート。

夕方になって、ようやく院長が来て再び内診。
「子宮口2センチだね」との言葉にショック。
こんなに痛いのにまだ2センチとは…10センチってなに…と気持ちが落とされます。
しかし、院長判断で麻酔薬の投与がスタートすることに!!
昨日から背中に通っていたチューブに、液体のボトルがつながれ、そのボトルの入った袋を首に下げられます。
基本的に、麻酔の量は助産師が調節しますが、僅かに追加できるスイッチを渡され、自分でもカチカチできる仕組み。

1時間経って麻酔の効果が。

麻酔薬を投与して1時間ほど。やっと陣痛の痛みが和らいできました。
相変わらず痛いけれど、なんとか無言でも耐えられるレベルに。
ほっとして、まだ時間がかかりそうだからと、夫には一度帰って仮眠を取ってもらうことに。

そう、この時点では、陣痛の痛みを甘く見ておりました…。
痛みが和らいで、なんとか耐えられるレベルの状態で、夜は更けて、2日目から3日目へ。
つづく。

✳人気記事はこちら✳