横浜戸塚の小川クリニックで出産・退院しました!

気になる費用の件をご報告。


無事、先日退院しました。
さっそくですが、気になっていた費用の件をご報告します。

出産の詳細。無痛分娩と個室使用でした。

私の出産は、計画無痛分娩の予定でしたが、
事前に破水してしまい、そこから2日ほど入院→無痛分娩で出産(超絶痛かったですが!)→4日後に退院、という流れでした。
出産までは陣痛室、出産後は個室(9000円台のお部屋)での入院です。


すべて合計で69万円。

個室代や無痛分娩の費用など、すべてひっくるめて69万円でした!
そこから出産一時金の42万円、すでに予約で支払っていた14万円を差し引いて、退院当日の支払いは13万円ほど。
カード払いOKなので、事前の現金の用意などは不要でした。

細かい内訳は不明ですが、個室代は1日約9000円、無痛分娩代は約10万円です。
また、会社に提出する健康保険関連の書類代が1枚1000円かかりました。
個室は、6000円台〜1万円台のお部屋まで様々で、そのときに空いているお部屋が割り当てられます。
わたしは、ちょうど出産当日に、トイレが付いているお部屋が空いたと聞いて、
助産師さんにその部屋押さえてください…お願い…!とお願いしてしまいました。


普通分娩で大部屋なら55万円程度だと思われます

合計69万円は少し高めかなー…と思うのですが、
無痛分娩と個室の費用を差し引くと55万円ほど。
一般的な相場と同じくらいなので、食事が豪華なことを考えると、割と安いと思います。
支給される出産一時金の42万円を差し引くと自己負担は13万円なので、
事前に支払う予約金の14万円以内でまかなえる計算です。


予想外にかかった費用など。

「必要なものは全てこちらで用意してあります」とのお話通り、
いきなり必要になって追加購入、というものはほとんどありませんでした。
私の場合、破水から出産までが長く、産褥ナプキンが足りなくなって追加購入しましたが、
値段も市販で買う場合とほとんど変わらず。
(夜用の生理用ナプキンはたくさん持って行ったのですが、破水と出産1日目は、そのサイズでもカバーしきれず)

他には、出産後に授乳でおっぱいを痛めてしまう人が多く、
半数くらいの人が、有名なメデラのピュアレーンという乳頭保護クリームを買っていました。
わたしはすでに持って行っていたので、買う必要はなかったのですが、
赤ちゃんがうまく飲めない方のおっぱいが赤く腫れて痛かったので、かなり重宝しました。
事前に買っておくと助かるかな、と思います。
ワセリンを塗りたくっていたのですが、ピュアレーンの粘度は比べものにならず…。
超優秀でした。


他には、おっぱいの出によっって、搾乳器もあると便利ですが、
お願いすると貸してもらえるので、事前に買っておかなくても良いと思います。
また、乳頭の形によって、乳頭保護器の購入を勧められている人も多かったです。
お試しで小川クリニックのものを借りて、合っているようであれば購入する、という流れでした。
わたしは、出産前からおっぱいを飲んでくれるか心配で、事前に買っておいたので、それを使用しました。
ピジョンのLサイズが使いやすかったです。(わりと小さめですが、Lサイズがぴったりでした)


以上、費用についての報告でした。

思ったよりは良心的かな?という印象です。
無痛分娩代の10万円と、個室代で、だいぶ値段が上がったな、と。こればかりは仕方ないですね。
無痛分娩については、またレポートしたいと思います。
陣痛は、麻酔はあまり効かず、超絶痛かったですが、
分娩は麻酔が効いたので、随分と助かりました。


✳人気記事はこちら✳