ベビーカーのシートを手作りしたので、生地や作り方をご紹介。

ベビーカーに敷くシートが欲しいなーとずっと思っておりました。

こういうのとか。


こういうのとか。


と思いつつも、自分のベビーカーにぴったり合う形のものがほしいなぁ…と思い、結局作ることに。
スタイ抱っこひものよだれカバーとは違って、生地をたくさん使うので、そこまでコスパは高くないかもしれません。
作るのが楽しい!というタイプでなければ、買ってしまってもよいと思います。

とはいえ、手作りだと、自分のベビーカーに合うサイズに仕上がるし、何枚も作って洗い替えできるので、満足度は高いですよ!

生地はダブルガーゼ生地とタオル生地を使用。

表と裏は、汗をよく吸うように、ダブルガーゼ生地にしました。
中にはパイル生地を…と思い、古いバスタオルを一枚はさんで作ることに。

ちなみにダブルガーゼ生地は、相変わらず、「こっとんプラネット」さんのものを愛用中です。
通販の生地屋さん、楽天の「こっとんプラネット」をヘビロテ中です。安い、かわいい、おすすめ。

いくつかベビーカーに重ねてみて、
このしろくま柄と、デニム風のストライプ柄(ヒッコリー柄?)のリバーシブルに決めました。

[画像:bec855a2-s.jpg]

[画像:094d24c9-s.jpg]

まずは、型紙を作るところから。

自分のベビーカーに合わせて、型紙を作ります。
座面に、新聞を大きく広げて、形を合わせて折ってからカットします。
ベルト部分を通す穴も、同じように、位置を合わせてカット。
このとき、ベルトを切らないように注意してください…!!

ちなみに、わたしのベビーカーは、ピジョンのランフィです。
コンビやアップリカにも惹かれたのですが…シングルタイヤが使いやすくて…。

[画像:e91d1f36-s.jpg]

ベルト部分はこんな感じ。
[画像:87cda6fa-s.jpg]


新聞紙に合わせて、チラシで型紙を完成。

新聞紙は破れやすいので、チラシに写し取って、型紙を完成。
シートベルト用に、上に穴が二つ、下に穴が一つ。
そして、真ん中にも、シートベルト用のくぼみがあります。

[画像:c528c114-s.jpg]

載せてみるとこんな感じ。
[画像:468fcb1e-s.jpg]

型紙に合わせて、生地をカット。そして縫う。

表と裏のダブルガーゼを中表で合わせて、そこにタオルを重ねて、生地をカット。
しつけ糸でぐるっと一周縫います。
普段はしつけ縫いなんて面倒でしないんですが…。
間違えると生地がもったいないので…。

こんな風に重ねて、しつけ糸で縫って…
[画像:046bf70f-s.jpg]

あとはミシンで、がーっと一周縫います。
裏返しにするため、返し口を15cmほど確保。
[画像:1dcbdf8e-s.jpg]

裏返すとこんな感じに!悪くない!
[画像:69e4d47c-s.jpg]

返し口をまち針で止めて、そのままぐるっと一周ミシンで縫います。
一周縫わなくても、返し口だけでもいいんですが、一周縫ったほうが丈夫になるのでおすすめです。
[画像:1c9a3ace-s.jpg]

[画像:5769e470-s.jpg]

[画像:2089e283-s.jpg]

さて、あとは、シートベルト用の穴を開ければ完成です。

シートベルト用の穴は、バイアステープでくるむ形にしようかなぁ、と考えつつ、着手できておらず…。
また進捗したら報告します…!