エルゴのよだれカバーの作り方。手縫いも可!

image

image

臨月に入って里帰り。ますます暇です。
出産前にエルゴを買ったので、それに合わせて、よだれカバーを作りました。
ちなみに私が買ったのはエルゴ360ですが、
エルゴオリジナルでも同じサイズでOKですよ。

表と裏はダブルガーゼで、間にタオルを挟んで作りました。
好きな生地を選べるので、自分にも夫にも合うような柄をセレクト。
リバーシブルなので、ふたつの柄を楽しめるのもポイントです。

ちなみにダブルガーゼは、こちらの「こっとんプラネット」さんのものを愛用中です。
通販の生地屋さん、楽天の「こっとんプラネット」をヘビロテ中です。安い、かわいい、おすすめ。

既製品のよだれカバーは、だいたい1000円超え。

買っちゃえばいいかーと思っていたのですが、なんと、よだれカバーは1000円超えるのが普通!
1500円や2000円のものも多い…。

そして、かわいらしい柄のものと、今治タオルなどのシンプルなものが多く、
男性にも似合うような、洋服に合う柄のものが少ないんですよね。

それならばと、自分で作ることにしました。
ミシンで縫いましたが、シンプルなので、手縫いでもあっという間に出来上がります。

材料はこちら。原価は250円ほど。

・ダブルガーゼ 23cm×16cmを4枚(同じ生地を2枚ずつ)
・いらないタオルもしくはTシャツ 23cm×16cmを2枚
・スナップボタン 6組

生地もあまり必要ない上にシンプルなので、安上がりなんですよね。
タオルやTシャツがない場合は、100円ショップのタオルが安いのでおすすめ。

1. 生地を切る。

ダブルガーゼを23cm×16cmに切ります。
同じ柄を2枚ずつ、計4枚。

[画像:13b2f2ba-s.jpg]

間に入れるタオル(もしくはTシャツ)も、同じサイズで2枚切ります。
タオルの上に重ねて…
[画像:211488ea-s.jpg]

カットします。
[画像:18b8846f-s.jpg]

2. ダブルガーゼとタオルを重ねて、三方向をぐるっと縫って、裏返す。

ダブルガーゼの表を内側にして重ねて、さらにタオルを重ねます。
そして重ねた3枚をまち針で留めて、三方向をぐるっと縫います。

[画像:3ac2cd10-s.jpg]

[画像:844a2d56-s.jpg]

3. 表側に裏返して、残った一辺を縫います。



裏返すと、こんな感じ。イメージがわきますね。
[画像:efd85273-s.jpg]

端っこを折り込み、クリップで止めて…
[画像:0310754d-s.jpg]

縫います!
[画像:7542d2d1-s.jpg]

4. あとはスナップボタン(もしくはマジックテープ)をつけて完成!



実は、エルゴ360を人に貸してしまったので、スナップボタン付けはまだやっておりません…。
実物に合わせて付けたほうが、サイズぴったりになるので…。

完成イメージは、こんな感じ。
[画像:7acbc235-s.jpg]

たくさん作ってしまった。
[画像:2ec83540-s.jpg]

*追記*完成させました!
プラスナップのハンディプレスの使い方。写真で丁寧に説明します!
抱っこ紐(エルゴ)のよだれカバーを原価200円で作ったよ!その2


とにかくコスパよし。そして自分の好きな生地で大満足。

必要なダブルガーゼは、23cm×16cmを4枚なので、
110cm幅であれば16cm分買うだけで作れるのです。
ダブルガーゼ生地は、ほぼ楽天のお店で買っているんですが、
50cm分で200円〜300円の生地もたくさんあるので、原価100円を切ることも…。
こうなると、お金を出して既製品を買えなくなってしまいます。。


当然、生地も好きなものを選ぶことができるので、得した気分。
わたしは、夫が使う場合も洋服に合うように、
デニム風のダブルガーゼや、ストライプのダブルガーゼを片面に使ってみました。
かわいい柄も好きなんですが、大人に合う柄もいいなーと思っております。

ぜひぜひ、作ってみてくださいませ。

<おすすめ記事>
妊娠中、孤独で不安な自分を支えてくれた本やマンガ6選。