アトピー治療薬の「デュピクセント」の体験記を書こうと思います。


突然ですが、アトピー治療薬「デュピクセント」の体験記を書こうと思います。
デュピクセントとは、2018年から保険適用となった新薬で、
私は2020年~2021年のあいだ、1年半ほど使用していました。
2021年10月に妊娠して中断してから1年ほど経過して、いまに至ります。
(一度流産してまた妊娠したのですが、デュピクセントは2021年10月から中断したままです)

最近、デュピクセントを使用していたことをちらほら話すと、
周りから「効果はどうだった?」「いつまで打ちつづけるの?」など、
相談されることが増えてきました。
そこで、せっかくなので、ブログで体験記を書いてみようと思いました。
あくまでも、私個人の効果や感想なので、一つの参考として読んでいただけると嬉しいです。

ちなみに、先に結論をお伝えしておくと、
私の場合はデュピクセントでものすごく改善しまして、
中断してから1年経っても大きなぶり返しは見られないです。
正直、30年ほどアトピーに悩まされ、苦しんで生きてきたので、拍子抜けしています。
またいつぶり返してしまうのかという不安はありますが、現在は快適な生活を送っています。


私の治療歴


2020年夏ごろ デュピクセントの存在を知り、治療に対応している皮膚科を探して初診。
        全身がアトピーで、強いステロイドを使用していたため、
        デュピクセントを希望していることを伝えると、即OKが出た。

2020年秋ごろ 二度目の受診で、丁寧な説明を受けて、注射を打つ練習。
        三度目の受診で、実際に診察中に自己注射×2回を行う。 
        四度目の受診で、診察中に自己注射×1回を行う。その後は自宅での注射を行うため、2回分の注射を処方される。

※この四度目の受診時点でかなり改善。
 これまでは、いくら保湿してもガサガサしていた肌が、もちもちしている感覚。
 ステロイドをほとんど塗らなくなる。全身のヒルドイドは必須。


2020年冬~  五度目くらいの受診で、一度に6本ずつ処方してもらえるようになる。
       (健康保険の高額療養費の対象となるので、2-3か月に一度、保険で上限までの支払い)
       その後、自宅での2週間に一度の自己注射をつづける。

※ステロイドをほぼ塗らなくて済む生活がつづく。
 全身ヒルドイドは必須。
 ただ、お風呂上りに即塗らなくても全身ボロボロになったりしないし、洋服やシーツに血がつくこともない。
 子供と一緒にお風呂から出たとき、先に子供の着替えを済ませてから、自分の保湿→着替えができるように。
 (それまでは、子どもの着替えを済まている間に、もう全身が乾燥しはじめていた)

2021年10月  妊娠に伴い、デュピクセントを中断。 

2022年11月  現在も中断中。大きく症状がぶり返すことはない。

※全身のヒルドイドは必須。
 季節の変わり目や体調がよくないときは、顔・頭皮・首にかゆみや赤みが出ることがあるので、弱めのステロイドを塗っている。
 身体も、膝の裏や背中など、たまにかゆみや赤みが出るので、弱めのステロイドを処方されている。
 ただし、基本的な肌のもちもち感は変わらず、お風呂上りの余裕っぷりも変わらず。
 とても快適な毎日。
 
 

以上が、ざっくりとした私の治療歴です。
今日はここまでで、今後は、各段階の経緯や、具体的な症状について、体験記をつづっていきたいと思います。

アトピーの治療は、本当に怪しいものや、期待を抱かせるものが多く、この30年ほどとても苦労してきました。
デュピクセントの開始時も、自分に「期待しすぎないようにしよう」と日々言い聞かせつづけながらも、
信頼できる保険適応の診療ということで、試してみようと決断しました。
同じように悩んでいる方の参考になれば、とてもうれしいです。