打越正行さんの「ヤンキーと地元」を読みました。


先日、湘南の蔦屋書店にて、社会学コーナーを発見。

P_20190329_113700

手に取った数冊の中でも、
打越正行さんの「ヤンキーと地元」に夢中になって、
そのまますぐに購入しました。
せっかくなので、感想を記録したいと思います。

ちなみに、
岸政彦さんの「はじめての沖縄」、
上間陽子さんの「裸足で逃げる」を読んで、
少しでも心に残った人は、ぜひこの本も読むべし!!と思います。



打越さんの「参与観察」のスタイル。


この「ヤンキーと地元」は、沖縄の若者たちを「参与観察」した本。
つまり、作者の打越さんが、
実際に、調査対象となる暴走族や建築会社の集団に加わって、
ともに毎日を送りながら、
その場で聞いたり知ったり感じたり、
途中でインタビューしたりした内容がまとめられています。


この本を読んでみて、
少しずつ感動を覚えていったのは、
打越さんの「参与観察」における姿勢でした。

実際に、暴走族の「パシリ」になったり、
日雇いの労働者として建築現場に通ったりして、
集団の一員になっていくわけですが、
それは「潜入調査」みたいなものではありません。

どうやら、ちゃんと、
「こういう調査をしているので参加させてほしい」と伝えている。
時には、私服警官だと誤解されたり、
なかなか心を開いてもらえなかったりするけれど、
正直に目的を伝えて、「だから集団に入れてほしい」と。

社会学の調査では、
こういう姿勢は常識なのかもしれませんが、
素人としては、しみじみと感じるものがありました。

誰かとコミュニケーションをとって、
その人のことを聞かせてもらうときに、
まず自分が嘘をつかない、正直に伝える、
だからこそ相手との関係が芽生えて、
少しずつ相手の語りを聞くことができる。
人間関係の、とても基本的なところって大切なんだな、と思いました。

そんな打越さんに対して、
「観察対象」でもあり「仲間」でもある若者たちは、
少しずつ心を開いていきます。


「一人の人間の話」と「沖縄の社会」のはなし。


この本には、打越さんが、
暴走族や建築現場で交わした会話や、
飲みながらの会話、インタビューでの会話など、
「個人的な話」がたくさん詰まっています。

そして、その「個人的な話」をもとに、
そこから見えてくる沖縄の社会の特徴や性質を、
ひとつひとつ、ていねいに説明してくれます。

けして「ここが問題だ」とか、
「これが悪い習慣だ」とか、評価を下すのではなく。
沖縄の地元社会やヤンキー社会には、
こういう特徴があるんだよ、
こういうことがわかったよ、
と冷静かつ面白く教えてくれます。

感情的な文章ではなく、
冷静な言葉で、
一人一人のセリフやエピソードと、
そしてそこから見える社会の特徴を、
いったりきたりするので、
本当に興味深く、ページをめくる手がとまりませんでした。



沖縄の社会と人間と。


この本に登場する沖縄の「若者」や「ヤンキー」の言葉は、
みんな、命のかたまりのような、熱を帯びているように感じます。
それは、彼らのごくごく日常に、
殴り合いや、肉体労働や、バイクのツーリングがあって、
身体の一つ一つの感覚を頼りにしながら、
毎日を生きているからかもしれません。

そうした一人一人の言葉や境遇に出会い、
思いをはせるときに抱いた感覚は、
その人生に対する、敬意のようなものでした。

「この人は社会に貢献した」とか、
「この人は家族にやさしい」とか、
そういうことではなく、
「この人は、人生をここまで生きてきた」ということに対する敬意。

それは、作者の打越さん自身が、
相手に敬意を払っているからこそ、
読者もそうならざるを得ないのかもしれません。

本書で紹介されている沖縄の若者たちは、
私から見ると、そのほとんどが過酷でしんどい、
毎日安心できない、気を張らざるをえない環境で生きているように見えます。

ひとつひとつの暴力や、家庭環境が、
こんなものが許されていいのか、と思う話ばかりです。

でも、本人にとっては、
誰かに暴力を振るわれたとか、
誰かに粗末に扱われたとか、
それは悲しくてつらい「いっときの出来事」ではなくて、
その人の絶え間なく続いている「人生の一部分」であり、
地元社会で多くの先輩が経験してきた「社会の一部分」でもあります。

沖縄には、こうやって、脈々と保たれている社会がある。
沖縄には、その一部として生きている人間がいる。

人を苦しめる環境は一つずつ無くなっていくべきだと思う一方で、
「うわー、苦しい環境だね、おかしいよそんなの」ではなくて、
なぜそのような社会が生まれ、なぜ苦しみつづけているのか、
それをもやもやした気持ちを抱えながら、
学びつづけていきたい、と思います。

本を読んだらますますもやもやしてしまった。
それでいいんだと思います。

それだけ、この本には、
けしてシンプルにまとめられない一人ひとりの異なる人生と、
その人生の舞台である「沖縄」が、
詰まっていました。