ミシェル・オバマの自伝「BECOMING」が面白い。


スクリーンショット 2019-03-06 15.52.41

かれこれ一ヶ月以上前から、
ミシェル・オバマの自伝「BECOMING」を読んでおります。
子育てしながら、しかも英語なので、
まだ最後まで読み終わっていませんが、ものすごく面白いです。

・裕福ではなかったミシェルが、
 どのような幼少時代を過ごして、
 エリートの弁護士になったのか

・バラク・オバマとどのように出会ったのか
 (出会いのシーンからキスシーンまで、
  かなり丁寧に書かれています。これだけでも面白い)

・真面目なエリートのミシェルと、
 自分の欲求に忠実でマイペースなバラクが、
 時には衝突しながら、苦しみながらも、
 どうやって厚い信頼を築いていったのか

・ハードワークだった二人が、
 どのように不妊治療に取り組みながら、
 二人の娘を授かることができたのか

・ホワイトハウスで、どのような生活に直面したのか。
 「普通の子育てをしたい」という希望を叶えることはできたのか

などなど。
これだけでも、内容のほんの一部。
彼女の人生の道のりが、
とっても詳しく語られています。


「BECOMING ME」と「BECOMING US」


このミシェル・オバマの自伝「BECOMING」は、
「BECOMING ME」と「BECOMING US」の二つの章で構成されています。

BECOMING MEは、
ミシェルの幼少時代から、弁護士になって活躍するまでのストーリー。
BECOMING USは、
バラク・オバマと付き合い始めてから現在までのストーリーです。

わたしは子育てをスタートしたばかりなので、
ミシェルの幼少時代の話がとても面白く、
夢中になって何度も読み返しています。

彼女が、裕福ではない環境であっても、
両親に大切にされながらのびのびと育つ描写は、読んでいてとても気持ちが良いです。
彼女なりに、色んな壁にぶち上がりながらも、
自分の意思を尊重されて、生き生きと過ごしていたことがよくわかります。
そして、アメリカで最難関とされる大学のひとつに合格し、
さらにハーバード大学のロースクールに入学。
法律家として輝かしい社会人デビューを飾ります。

それに対して、
バラク・オバマが登場してからのストーリーは、
順風満帆にはいきません。
よくいえばドラマチックだけれど、実際は戸惑いと苦労の連続。

バラクは、周りからの注目を集める人気者で、いつも笑顔で、
そしてミシェルに何度もアプローチします。
ミシェルが、そんなバラクに惹かれていく過程には、
思わずニヤニヤしてしまいます。
ふたりがお付き合いを始めるところで、
第2章「BECOMING US」が始まります。

ミシェルは何度も、
バラク・オバマのことを、
これまで出会ったことのない種類の人間、
まるで「新種の生き物に出会った!」とで描写しています。

ミシェルが家族のことで悩むように、
バラクは社会における所得格差に悩む。
かと思ったら同じくらいの真剣さで、映画の感想を語る。
そんなバラクに出会って、ミシェルも、
「私の人生はこのままでいいのかしら」と考える。
裕福ではない環境で育った彼女は、
高い収入を得られる弁護士という職業を選んだけれど、
私の本当にやりたいことは、もっと違うのではないかしら、と。

この二人のストーリーを読んでいて、
「あー、カップルや夫婦ってこうあるべきだなぁ」と何度も思わされました。
お互いが自分のやりたいことに向かって進んでいくのを見て、
ああ、自分もまっすぐ生きているかな、
自分はどこに向かって進んでいるのかな、と考えることができる。
バラクとミシェルは、しょっちゅう衝突したり、すれ違ったり、
けして、いつも仲良しで平和でうまくいっている、というわけではありません。
でも、二人の人間がずっと一緒に過ごしていたら、
そうやって色んな壁にぶち当たるのが当たり前。
二人が一生懸命生きている証拠なのかもしれないな、と感じました。

ミシェルとバラクのような、
どこからどう見てもお似合いの夫婦でも、
子育て・仕事・夫婦仲のひとつひとつで、
「ずっとうまくいっている」「ずっと順調」でないというのは、
世界中の家族を勇気づけているのでは、と思います。





Audibleで聞きつつ、Kindleで読んでいます。

Screenshot_20190122-083715

このミシェルの自伝「BECOMING」
わたしは英語の勉強も兼ねて読み始めました。
そのため、Amazonのオーディオブック「Audible」で聞きながら、
同時にスマートフォンにKindleアプリを入れて、Kindleで読んでいます。

いちばんのおすすめはAudible。
お試し期間は一冊無料なので、なんとタダで読めます。
さらに今なら、毎日聞くだけで1500ポイントもらえるキャンペーン中!3月14日まで

リスニングの勉強になるのはもちろんですが、
ミシェル・オバマ本人の朗読なので、ものすごい臨場感があります!
まるで、本人のインタビューを聞いている感じ。
二人のキスシーンなんて、もう勝手にドキドキしてしまいます。

そして、移動中や寝る前に聞けるのも、とっても便利です。

ただし、わたしはリスニングだけですべて理解できるほどの英語力はないので、
Kindleも併用して読んでいます。
この「BECOMING」、Kindleは紙の本で買うより半額以上お安く、
しかもわからない単語や文章は、即翻訳できるのでとても助かっています。


ホワイトハウスでの裏話も楽しみ!!


わたしはまだ最後まで読めていないのですが、
この「BECOMING」には、バラク・オバマが大統領になってからの暮らしについても書かれています。

ミシェル・オバマがホワイトハウスでどのような暮らしをして、
どのように子育てしながら大統領夫人として生活をしていたのか。
そこで何を感じたのか。

早く読みたい!とわくわくしながら、
英語なので、少しずつ進めていきます。

みなさんも是非、読んでみてください!!
以下のリンクから試し読みもできますよ!!

*関連リンクはこちら*
【Audible版】ミシェルオバマの自叙伝「BECOMING」
【Audibleのトップページはこちら】