2019年も最低指数が公開されるそうです!


スクリーンショット 2019-01-23 21.12.32
※参考画像:これは去年の指数表の一部です


こんにちは。
ワーママえみです。

そろそろ藤沢市も、保育園の内定通知が届きますね。
わたしも緊張して待っている一人です。

2018年は、内定通知が自宅に届く前に、
藤沢市のホームページに「入所内定最低指数」が公開されました。
人によっては、内定通知を見なくても、
この「最低指数」をチェックすることで、
入所できるかどうか分かります。

保育課の方によると、今年もホームページで公表しますとのお話でした。

内定通知が待ちきれない人は、
ぜひ2月1日になったら、
この指数がアップされているか、チェックしてみましょう。

追記※
指数がアップされました!
1次選考後の各保育園の空き状況も公開されています。


では、今回の記事では、
この指数をどうやってチェックすればいいのか、
詳しく解説します!

入所内定最低指数というものについて、
「いったい何の数字なのか」
「どうやって読むのか」
「何がわかるのか」

を解説していきます。



「入所内定最低指数」から何がわかるの?


まず、「入所内定最低指数」について。
この「指数」とは、
保育園の選考基準に照らし合わせて、
ひとりひとりの子供に付けられるポイントのようなものです。

このポイントは、藤沢市の選考基準に基づいて計算されます。
※選考基準はこちら:保育施設入所選考基準(2019年度)

そして、「入所内定最低指数」とは、
各保育園に内定した子供たちが、
「入園できた子供たちは、最低でもこれだけのポイントを持っていますよ」という数字です。

つまり、それよりも低いポイントであれば内定はしていないし、
それよりも高いポイントであれば内定している、という指数になります。


自分の「指数」の計算方法。


では、まずは、自分の指数について計算しましょう。
自分の指数がわかっている方は、
読み飛ばしてしまって大丈夫です。

先ほどお伝えした通り、選考基準は、
藤沢市が「保育施設入所選考基準(リンク)」として定めています。

この選考基準は、
「基礎点数」「優先順位」「調整項目」の3つで構成されています。

例えば、
・フルタイム共働きの夫婦
・妻が育児休業中
・2019年4月度から初めて申し込む
という場合の点数を計算してみると…

「基礎点数」10点 (居宅外就労10点)
「優先順位」F  (居宅外就労F)
「調整項目」1点 (産休・育休明けの復職1点)

という計算になります。

もし、3つ目の条件だけ変わって、
・フルタイム共働きの夫婦
・妻が育児休業中
・2018年9月度から継続して申し込み中
の場合は、

「基礎点数」11点 (居宅外就労10点+待機6ヶ月で1点
「優先順位」F  (居宅外就労F)
「調整項目」1点 (産休・育休明けの復職1点)


となります。
他にも、認可外保育所に入れて働いている場合などは、
プラスされるポイントが大きく上がります。

まずは、このように、自分の指数を計算してみましょう。
自分の指数が計算できたら、
次はいよいよ、各保育園の入所内定最低指数を計算します。


入所内定最低指数の読み方を解説します!


ではいよいよ、
入所内定最低指数の読み方を解説していきます。

2018年度の表はこちらになります。

スクリーンショット 2019-01-23 21.12.32
参考:平成30年4月(1次)入所結果について【藤沢市】

(2019年の表では、レイアウトや記号などが変わっているかもしれません)

表の通り、それぞれの保育園の年齢ごとに、指数が記載されています。

では、ここでは例として、
藤沢保育園の0歳児クラスと1歳児クラスを見てみましょう。

スクリーンショット 2019-01-23 21.13.06

0歳児クラスの指数は、「10F11※」です。

この「10F11」は、

10:基礎点数10点
F:優先順位F
11:調整項目1点(なぜか頭に1がついていて、11=1点、12=2点、13=3点です)

という意味になります。

この場合、0歳児クラスは、
「基礎点数10点、優先順位F、調整項目1点」
の指数までは入園が内定しましたよ、ということです。
あくまで最低点数なので、
基礎点数12点や11点の子供は全員内定しています。
逆に、基礎点数9点であれば、残念ながら内定はしていません。

そして、注意したいのが「10F11※」の「※」です。
この「※」は、同じ指数でも、
内定した場合としていない場合がある、という意味の記号です。


つまり、「基礎点数10点、優先順位F、調整項目1点」の子供の中でも、
入園できる子供と、できない子供がいる、ということになります。
まったく同じ指数の場合は、
所得の低い順から、入園の内定が決まります。
そのため、もし自分の子供が「基礎点数10点、優先順位F、調整項目1点」の場合は、
残念ながら、内定通知を待つしかありません。

同じように1歳児クラスを見てみると…

スクリーンショット 2019-01-23 21.13.06

「12F12」なので、
「基礎点数12点、優先順位F、調整項目2点」となります。
こちらは「※」がついていないので、
「基礎点数12点、優先順位F、調整項目2点」の子供は全員内定した、という意味です。
基礎点数が11点や10点だと内定はしていません。
同じように、基礎点数12点で優先順位Fでも、
調整項目が1点だと内定していないことになります。
やはり1歳児クラスは厳しい…ということがよくわかります。

ちなみに、この指数は、
その保育園の同じ年齢のクラスで、
子供が一人しか内定していない場合は、公開されません。
一人しかいないと、
その子供の指数がわかってしまうため、
個人情報に配慮して公開しないそうです。

例えばこの表の場合、
△は一人のみ内定、○は空きがある、という意味になります。

スクリーンショット 2019-01-23 21.13.30



まとめ。


以上、藤沢市の保育園における、
入所内定最低指数の読み方を解説しました。
ご理解いただけたでしょうか?

昨年は、最低指数とともに、
一次選考が終わった後の、
各保育園の空き状況も公開されていました。
もし落ちてしまった場合、
二次選考にどこか申し込もうと思っている方は、
ぜひそちらもチェックしてみてください。


保育園の内定通知、
もうすぐ届くとわかっていても、
日にちが近づくにつれ、緊張してしまいますよね。
早く聞きたいような、聞きたくないような。

家庭によって事情はそれぞれ異なりますが、
みなさんに、いい結果が来ることを願っています。

保活もあと少しで終わることを祈って…。
がんばりましょう!!