子育てしながら1日3食考えるの、疲れませんか。


突然ですが、
子育てしながら料理するのって、
とても大変じゃないですか?

もっと正確に言うと、
子育ての合間を縫って、
毎日の献立を考えて、
買い物に行って、
料理して片付けるのって、
とっても大変じゃないですか??

実際に「料理を作る」そのものよりも、
毎日の献立を考えて買い物をする、そのことが本当に苦痛です…。

1日1食ならまだしも、1日3食。
息子が1歳2ヶ月なので、
栄養バランスも考えて、
家族の好き嫌いも考えて…となると、かなり難しいのです。
日々限界を感じております。

そんな中で、出会ったのが、
今回の本「子どもはレシピ10個で育つ」です。




人気料理家による「美味しい料理をあきらめずに、肩の力を抜ける」本。



この「子どもはレシピ10個で育つ」は、
けして「別に大した料理作らなくていいのよ!」という本ではありません。

人気料理家の上田淳子さんが、
「料理にはこだわりたい」
「時には手の込んだものを作りたい」
「でも、適当な日があってもいいんじゃないの?」
「むしろ家族はその方が喜ぶかもしれないよ」
ということを、やさしいまなざしで教えてくれる本です。

なぜレシピ10個でもよいのか?ということを、
双子の子供を育てた経験を踏まえて、
わかりやすい文章で綴っています。

そして、実践するためのコツや、
常備しておくおすすめ食材、
簡単だけど丁寧なレシピなども載っています。





「カレーもハンバーグも週1回出したって家族は困らない」


この「子どもはレシピ10個で育つ」の中で、
一番、ハッとしたのはこの言葉でした。

「カレーもハンバーグも週1回出したって家族は困らない。」
「特に夫や男児は、週1回くらいカレーを食べたいと思っている」

はい。
確かに、そうなんですよね。
わたしも、知らなかったのではなく、どこかでわかっていました。

我が家では、1-2ヶ月に一度、
カレーをたくさん作って3日くらい持たせるんですが、
夫は不満どころか、とても喜んでいます。

さすがに3日目は飽きるなぁと思い、
アレンジレシピなどを調べるんですが、
「そのままがいい」と言われます。

それでもわたしは、
勝手に「毎日違うものを出さなくては」と思い込んでしまっていました。

でも、自分が子どもの頃を思い出すと、
鶏の唐揚げが大好きで、
もし週に1回出てきたら、きっとすごく嬉しかっただろうなぁと思います。

毎週同じものだけ出していればOK!ではなく、
献立に悩んだとき、
「今週まだカレー作ってないからカレーでいいや」
「今週まだ唐揚げしてないから唐揚げ!」
と思えるような「しょっちゅう作ってもOKなメニュー」がいくつかあると、
これからの献立作りが、とっても楽になる予感がします。


思わずハッとさせられる文章がたくさん。


この本には、他にも、
ハッとさせられる文章がたくさんあります。
それはどれも、
毎日の料理への「面倒くさいなぁ」という気持ちを、
和らげてくれるものばかり。

「おかずの品数は、多い方がラク」
「もう、みじん切りはやめよう」
などなど。

ぜひその内容は、
手にとって、確かめてくださいね。
献立を考えるのに疲れたママたちに、
とってもおすすめの1冊です。





*この記事を読んだ人へのおすすめ*

離乳食ベビーの子供椅子。ローチェアで食事するメリット ベスト3 

赤ちゃんに人気の「いないいないばあ」絵本 ベスト4を紹介!

赤ちゃんの夜の電気に、このライトを愛用中。全力でおすすめ!