まるまるまんまる!

今回の絵本はこちら。
よねづゆうすけさんの「まる まる まんまる」。
この「まるまるまんまる」は、
湘南t-siteに行ったときに、
1歳になったばかりの息子がいちばん気に入った1冊。

わたしもすっかり好きになって、
すぐに購入してしまいました。



シンプルだけど、奥が深い仕掛け絵本。


この「まるまるまんまる」、
名前と表紙の通り、まるいものがたくさん出てきます。

たとえば、青いまんまる二つ。
「まるまるまんまる なーんだ?」

IMG_20181026_185605


ページをめくると…

IMG_20181026_185558

くるま!めがね!

こんな感じで、ページをめくると、
まるの正体がわかる!というしかけ。

ページによって、
大きくて赤いまるがひとつだったり、
小さくて黒いまるが4つだったり。

新しいページに出会うたび、
「黒いまるがよっつ…なんだろう…」
と大人でも悩んでしまいます。

しかも答えは見開きでふたつあるので、
何回読んでも、すぐには覚えられず。
そのため、久しぶりに開くたびに、
「あれれ、この青いまるなんだっけ…」と考えてしまうのです。

とってもシンプルな仕掛けなのに、
頭の中で、たくさん考えることができる絵本です。

また、絵のかたちと色が絶妙で、
かわいい上に、おしゃれなんですよね。
ずっと見ていても飽きません。
シンプルって正義だなぁ、と思います。



顔を出して遊んだりして。


この「まるまるまんまる」、
表紙の大きなまるも、すでに穴になっています。

IMG_20181126_223817

絵本を大切に読む人には怒られてしまうかもしれませんが…
わたしと息子は、この穴から、
自分たちの顔を出して遊ぶのが大好きです…!

わたしが穴から顔を出すと、
息子は笑い転げて手を伸ばしてさわってきます。
それでも笑いが止まらないと、
ほっぺにほおずりしてきたり、ちゅーしてきたり。
なんともしあわせなコミュニケーションができてしまいます。

表紙にこんなに大きい穴が空いている絵本って、
なかなかないですもんね。

このしあわせなコミュニケーションを、
大切にしたいなぁと思います。


「かくかくしかく」と「さんさんさんかく」もあります!


ちなみにこの「まるまるまんまる」、
作者のよねづゆうすけさんによる、
「かくかくしかく」と「さんさんさんかく」もあります。

こちらも同じデザインで、かわいくて楽しいです。

とはいえ、はじめの1冊は、やっぱりこの「まるまるまんまる」かなぁと。
絵の内容も、色合いも、
いちばん小さい子向けだなぁと思います。

ぜひぜひ、おすすめの一冊です!




*この記事を読んだ人へのおすすめ*

離乳食ベビーの子供椅子。ローチェアで食事するメリット ベスト3 

赤ちゃんに人気の「いないいないばあ」絵本 ベスト4を紹介!

赤ちゃんの夜の電気に、このライトを愛用中。全力でおすすめ!