主婦が正社員になるのは難しい?


こんにちは。
育休中のワーママえみです。

最近は、専業主婦の友人と、
しょっちゅう子連れで遊んでおります。

そんな中、専業主婦の友人と話していると、
「今から正社員は無理だよねー」
「パートで数万円かな…」というセリフを耳にします。
他の人も当たり前のように、うんうん、とうなづきます。

え、ちょっと待って!と。
わたしの周りでは、
専業主婦をずっとしていたママでも、
新たに就職して、正社員として働いている人が何人もいます。
別に、看護婦や保育士など、特別な資格を持っているわけではありません。
普通の事務職で、月30-40万程度は稼いでいるはずです。
(給与明細を見せてもらったわけではありませんが…)

そこで、今回の記事では、
専業主婦で正社員は本当に難しいのか、
専業主婦から正社員になるルートはどんなものがあるのか、

詳しくお伝えしていきたいと思います!!



主婦から正社員になるのは難しいのか。


さっそく本題に入ります。
主婦から正社員になるのは、本当に難しいのでしょうか?

わたしの結論は、
「たしかに簡単ではないけれど、
ものすごく難しくもない」
です。

どういうことか、詳しく説明します。

まず、簡単ではない理由。
よく言われる「社会人としてのブランク」というやつです。
ずっと社会人として働いていないというだけで、
マイナスに見られてしまうことがよくあります。

最低限のビジネスマナーやコミュニケーションができるのか?と不安に思われてしまいがちです。

次に、ものすごく難しくもない理由。
普通に正社員から正社員へ転職する場合は、
これまで経験のない仕事を選ぶ人も多いですよね。
30代でも40代でも、そういう人はたくさんいます。

それって、「これまで経験してきたことのない仕事をする」という意味では、
主婦から就職する人と、ほとんど同じなんですよね。
唯一違うのは、先ほどの「社会人としてのブランク」。
「これまで何かしらの仕事をしてきた」ということだけです。

つまり、そこの部分をカバーできれば、
正社員として働くのは、そこまで難しくありません。
「この人はずっと専業主婦だけど、普通に働くこと自体は問題なさそうだな」と思ってもらえれば、
同じスタートラインに立てる、ということです。





資格よりもまず行動することが大事。


そこで、いちばんお伝えしたいこと。
もしあなたが主婦で、正社員になりたいと思っているなら、
「とにかく仕事を探して、面接を受けてみる」ということをおすすめします。

よく、「資格も何もない主婦だと就職できないので資格を取りましょう」
という勧誘を見かけますが、
わたしはあまり信じない方がいいと思っています。

なぜなら、簡単に取れるような資格なら、
会社に入ってからでも間に合うからです。
そして、採用担当の人も、そんなことはよくわかっています。


わたしは、これまで働いてきた会社で、
採用担当の人と話をする機会が何度もありましたが、
「この人はいい資格をもっているけど、採用できない」
「この人は何の資格も持っていないけど、期待できるから採用する」
というセリフを、よく聞いてきました。

会社の採用担当やマネージャーにとって、
一緒に働く相手に絶対に持っていてほしい能力は、
「普通のコミュニケーションが取れるか」
「ちゃんと報告・連絡・相談ができるか」
「できないことはできないと正直に言ってくれるか」
「締め切りは守れるか、守れないときは前もって報告できるか」

というようなこと。

会社は、なんでもできるスーパーウーマンを求めているのではなく、
当たり前のことを、当たり前にできる人を求めています。

え、そんなことでいいの?
誰でもできるんじゃ?
と思いますよね。
意外と、そうでもないんですよ。
できないことをできると言ってしまったり、
締め切りを何度も破ってしまったり、
そういう人って、多いんです。

子供や旦那さんをサポートしている専業主婦の人の方が、
コミュニケーション能力や、
スケジュールの調整能力は、高いかもしれません。

そのため、下手に仕事できるアピールをするよりも、
「経験はありませんが、コミュニケーションは得意です」
「できないことはできないと正直に言います、勉強します」
と、伝えた方がずっと、
「一緒に働きたい」と思ってもらえるはずです。

(もちろん、看護婦や助産師など、
資格がないと絶対に働けない仕事なら、話は別ですよ!)


また、面接は、何度も落ちるのが当たり前です。
それは、正社員から正社員への転職でも同じです。
数回落ちたから、「やっぱり主婦だからダメなんだ」と思い込まないよう気をつけましょう。

もともと正社員だろうと主婦だろうと、
会社が求める人材像に合わないために落とされてしまうのは、仕方がないことです。
それは、あなた自身に価値がないという意味ではなく、
「会社が求める人物像ではなかった」というだけなので割り切りましょう。

そして、自分に合う会社を探すようにしていきましょう。


子育てと両立するなら、事務職がおすすめ。


では、いったいどんな仕事がいいんでしょうか?
働くにあたっての希望を、正直に挙げてみましょう。

・土日はお休みして子供と過ごしたい
・授業参観は必ず出席したい
・子供の風邪で、急に休む可能性あり

子持ちの主婦であれば、
このあたりは必須条件ではないでしょうか?

こういう条件は、ちゃんと面接で伝えましょう。
「こんな条件甘いかしら…」と思うかもしれませんが、
出産前からずっと仕事を続けている女性陣だって、
こういう要求を通している人はたくさんいます。

子供との生活のために働くのであれば、
一番大切なものは、やはり子供。そして家族。
そこで譲れない条件を伝えて落ちる会社であれば、
はじめから就職しない方がいいのではないでしょうか。

現在、人手不足で悩んでいる会社はたくさんあるので、
あくまで自分の優先順位を主張しながら、
働く時間はきっちり役に立てるよう働いきます、と伝えるようにしましょう、

そして、このように子育てや主婦業と両立したいのであれば、
おすすめの仕事は「事務職」です。

なぜかというと、
まず接客のお仕事は、しっかりシフトが組まれて、
一人抜けると困ってしまうことが多いので難しいです。

正社員ではなくパート勤めの人も、
せっかく家庭を第一に考えてパートにしたのに、
急に休めないし土日もお仕事があるし…という話を聞くことがあります。
シフト制でお客様の相手をするお仕事は、あまりおすすめできません。

その他、お客様の相手をする=融通が利かない、ということは多いです。
そのため、会社の中で、車内のサポートをする仕事のほうが、
急なお休みに対応できますし、
そもそも土日休みの会社が多いので、土日は仕事そのものがありません。

また、事務職の場合、
PCで文章が打てる、数字が打ち込めることは必要ですが、
使うソフトは、会社専用のものであることが多いので、
ワードやエクセルの特別なスキルを求められることも少ないです。

さらに、現在は在宅ワークが推進されていて、
今後どんどん増えていくことが予想されます。
そのため、PCさえあれば仕事ができる事務職であれば、
ゆくゆく在宅での仕事が可能になる場合もあります。

子持ちで主婦の場合、在宅での仕事は本当に助かります。
朝はギリギリまで家事ができるし、
宅配便も受け取ることができるし、
急に子供が風邪をひいても、一緒に家で過ごすことができます。

はじめから在宅ワークOK!という会社はまだまだ少ないので難しいですが、
ゆくゆくはOKになることを狙うのはアリだと思いますよ。




どうやって会社を選んで応募する?


では、いざ事務職といっても、
どうやって会社を選んで、
どのような求人に応募すればいいのでしょうか。

これまで、主婦から正社員になった知り合いを見ていると、
「派遣社員→数年以内に正社員」のコースが圧倒的に多いです。

わたしの勤めている会社でもよくあるんですが、
派遣社員で数年働いてもらったあと、
ぜひ正社員に…とお願いして、正社員としての勤務に切り替えてもらっています。

最近は人手不足で、
派遣社員のお給料も高いし、選択肢も多いし、
早く正社員になってもらって長く働いてほしい…という会社は、少なくないはず。

ただ、いきなり正社員だと、
会社にとってもリスクが高いので、
お互いの相性を見るために数年は派遣社員でお願いします、という形ですね。

そのため、派遣会社に登録して、
自分の希望の条件に合う仕事を探してみる、というのがベストだと思います。
派遣会社の人はプロなので、
「こういう仕事もどうですか」と案内してくれたら、
考えていなかった仕事も検討できて、さらに視野が広がっていきます。

そうなると、
じゃあどこの派遣会社を選ぶのか?という話ですが…
正直、派遣会社は、それぞれ特徴や強みが違うので、
おすすめの派遣会社は、人によって異なります。

そこで、おすすめなのは、
この派遣Styleというサイト。

実はこのサイト、一つの派遣会社ではなく、
いろんな派遣会社が求めているお仕事が、
一気に検索できる、というすぐれものなんです。
希望のお仕事を見つけて、
その仕事に応募すると、
取り扱っている派遣会社から連絡が来る、という形です。

派遣会社に悩んだあげく、
この会社の求人は微妙だった…とならずに済むので、とってもおすすめですよ!!

おすすめリンク:派遣Style


就職するまで待てない、というあなたに。


ここまで正社員への就職の道を紹介してきましたが、
就職するまで時間がかかりそうだな…待てないな…という方もいると思います。

そんな方には、在宅で出来る仕事で、
お金を稼ぎながら、経験を積んでおくことをおすすめします。
いまは、簡単なPC打ち込みの作業や、電話の対応など、
ちゃんとした仕事を紹介してくれるサイトがいくつもあります。

また、いざ面接を受けるときにも、
「自宅で働いていました」と言えるのは、大きな強みです。

会社にコントロールされていなくても、
ちゃんと自分で仕事をもらって、
締め切りまでにこなしている、という事実は、
「フルの社会人でなくても、ちゃんと仕事ができる人なんだな」
と思ってもらえる一つの武器になります。

簡単に取れるような資格よりも、
そのような仕事の実績の方が、ずっと信頼されると思いますよ。

仕事をお勧めしてくれるサイトの中でも、
安心しておすすめできるのは、以下の二つです。

主婦やママに特化したお仕事サイトなら「ママワークス」。

在宅・時短のお仕事はママワークス


このサイトは、名前の通り「ママ」に特化しているので、
主婦や子育ての都合を、はじめから考えてくれている求人がたくさんあります。
会員登録すると、条件のいいお仕事情報が見られるので、
せひ登録してみて、新着情報をチェックすることをおすすめします。


在宅に特化したお仕事サイトなら「Bizseek」。

空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

こちらは、在宅ワークに特化したお仕事サイト。
簡単なものから高レベルなものまで多岐にわたるので、
ぜひ一度のぞいてみてください。
お仕事内容のジャンルを見ると、一見難しそうなのですが、
おすすめは「軽作業」と書いてるジャンルです。
未経験でも、自宅で簡単にできるPC作業のお仕事が豊富に揃っています。

わたしは育休中に、
「もう仕事に復帰できる気がしない…」と思っていましたが、
自宅でできる仕事を週1程度でこなすことで、
「あ、意外と仕事できるな」と思うことができました。

空いた時間で少し仕事をするだけでも、
いくつかやってみるうちに、
自分の社会人としての自信がついていきます。
それが、正社員になるときの面接でも伝わるはずですよ。


おすすめリンク
空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】 


さいごに。


以上、主婦で正社員は難しいのか、
実際に正社員になるにはどうすべきなのか、
率直に思うところをお伝えしてきました。

結論としては、
何度もお伝えしてきたように、
「資格より実績」「まず働いてみる」
ということ。

たとえ面接で落ちたとしても、
在宅ワークの仕事をしてみて失敗したとしても、
大きく失うものがあるわけではありません。
何もしないで何も収入がないのと、
面接で落ちて収入がないのも、同じゼロです。

それであれば、少しでもゼロをプラスにするよう、行動してみましょう。

専業主婦をこなすって、
思っている以上にすごい能力ですよ。
夫や子供の生活に合わせて家事をこなし、
突然の予定変更にもちゃんと対応して、
義理の実家や親戚にも気をくばる…。
当たり前のように見られていますが、
これだけの調整能力がない社会人は山ほどいます。

是非、自分の能力に自信を持って、
正社員への道を一歩ずつコツコツ進んでみてくださいね。

そしてお金を稼いで、
美味しいものを食べるなり、
子供にやりたいことをやらせてあげるなり、
自分の使いたいように使いましょう!!