絵本の感想、はじめます。


こんにちは、新米ママのえみです。
今日から、絵本の感想をコツコツと書いていきたいと思います。

息子と読む絵本、
どれもこれも、面白いので、
是非みなさんにも読んでほしいなぁと思います。


「おててがでたよ」


一冊目はこちら、「おててがでたよ」。



一枚の布(タオルかな?)を頭からかぶった赤ちゃんが、
もぞもぞしながら、
おててやあんよ、あたまをすぽっと外に出していく、かわいい絵本です。

IMG_20181111_211140

1歳の息子が大好きな絵本で、
毎日、読んでーという手振りで、
わたしのところまで持ってきます。

最近、息子は、
お着替えを嫌がることがあります。
でも、おててが洋服の中からなかなか出せないとき、
すぽっと出ると、ちょっと楽しそうです。

そんな、お洋服のあったかい肌ざわり、
その中で、おててやあんよをもぞもぞさせる感触、
出ない出ない…出た!というシンプルな嬉しさが、
ページをめくるごとに伝わってきて、わくわくします。

ちなみに、「おてて」や「あんよ」、
「あたま」「おかお」など、
身体の名前を覚えてくれたら嬉しいなーというねらいもありました。

1歳ちょうど〜2歳くらいの子にぴったりな1冊です。


「よい絵本」に欠かせない要素とは。


いったい「よい絵本」とは、どんな絵本なのか。
新米ママのわたしには、まださっぱりわかりません。

そんなわたし、絵本を選ぶときに、
参考にしている本があります。
タイトルをド忘れしてしまったのですが…
思い出したら、すぐに更新します。

その本のメインの対象は、
3歳以上が読むような「ものがたり」の絵本なんですが、
赤ちゃんの絵本選びでも、参考になるポイントがいくつかあります。

そのうちのひとつが、
「絵を見るだけでストーリーがわかること」。

子どもの目線に立ったとき、
大人が思う以上に、
こどもは絵で、お話を楽しんでいるそうです。
そのため、文章を見ずに、
絵だけをめくってみて、お話がわかること。
それはとっても大切だ、ということが書いてありました。

そこでさっそく、
いろんな本をパラパラとながめてみたところ、
この「おててがでたよ」の絵であれば、
1歳になりたての子でも、絵だけで理解できそう!と思ったのです。

実際に、息子はこの絵本が大好きです。

はじめから反応がよかったわけではないのですが、
わたしが文章を全部読もうとせず、
息子がページをめくるのに合わせて、
「うーん、あんよ出ないねえ」
「あ、あたま出たー!」
と、言葉を添える程度にしてみたら、よく笑うようになりました。

特に、最後の3ページは、
いつも声を上げて笑いながら、何度もリピートします。
「あんよが出ないねえ
「うー、出ないよー、出ないー!!」
「すぽっ!!出たー!!」
と、こっちまで笑ってしまうから不思議です。


身近の何気ないことがおもしろい。



こうして息子と絵本を読んでいると、
彼にとっては、何もかも新鮮でおもしろいんだなーと、改めて気付かされます。

洋服におててやあんよが引っかかってしまって、なかなか出ない。
うーん、出ない出ない。
出た!
そういう日常を、楽しめるようになりそうな、とても素敵な1冊に出会えました。





*この記事を読んだ人へのおすすめ*