あると思います。


あると思うんですよ。

これだけ情報過多の時代に、
すでにママブロガーがたくさんいる中で、
それでもまだママがブログを書く意味。

どこかにいる「わたし」が求めている情報を。


こんなに情報があふれているのに、
本当にほしい情報が手に入らなかったりする。

それは、あの街の、あの公園の、暗黙のルールだったり。
自分の置かれた、とても特殊な環境の生き抜きかただったり。

ふと検索してみても、
誰かが取材したひとつの情報を、
こねくり回してたくさんのページが生まれていて、
たどっても、たどっても、
同じ情報にしかたどり着かなかったりする。

だからこそ、
すでにネットにあふれている情報ではなく、
自分の生活でゲットした、
自分の足で体験した情報を、
文章にして発信してみたい。

別に、たくさんの人が求めていなくてもいい。
どこかにいる、わたしと同じ「あれ、この情報ってどこにもない」という思いを抱いている誰かへ、届けばいい。

たったひとりの人に届くかもしれない、と思うと、わくわくしませんか。


100%同じ悩みを持ったママ友なんていない


子育ての悩みは、どこかしらみんな似ていて、どこかしらみんな違っている。
それが、子育てのもやもやの難しさを生み出していると思う。

一見、同じような思いをしているなーと思っても、
話していると、やっぱり全然違うや…と思ったり。
うーん、うちはそこは恵まれているんだよなぁ…と思ったり。

まったく同じ悩みを持つママ友なんていない。
だからこそ、ついついネットで、同じ悩みの書き込みを探してしまったりする。
あー、いたいた、とちょっと安心することもある。
見つけられないときは、自分のブログに書いてしまう。

すっきりしたい気持ちが半分と、
どこかにいるわたしのような誰かの気持ちを少しでも軽くしてくれたら…の気持ちが半分。

と、いうわけで。


つまり。
たくさんママブロガーがいるのはわかっていますが、
これからもどんどんブログ書いちゃうよ!というおはなしでした。
今後ともよろしくお願いいたします!!





*この記事を読んだ人へのおすすめ*