あー子どもが出来る前は、いろんな選択肢があったんだなぁと。


先日、大学の友人と久しぶりに飲みに行ったのですが。
男性陣を中心に、転職の話で盛り上がり、
「あー、子どもが出来る前って、
いろんな選択肢があったんだなぁ」
と思いました。

いまは子育て最優先で、
子育てに理解のある今の会社から転職する気もないし、
とにかく生活との両立を大事にしています。
きっと、子育てがひと段落つくまでは、
そういう日々がつづくと思います。

で、友人との会話の中で、
「子育てがないほうが好きなことできるけどね…」と言いかけて、
「むむ、何か違うぞ、そんなことないかも」と思ったのです。

あれ、わたし、出産する前より、
好きなことやっているじゃないか。
ということに気が付きました。


選択肢や自由な時間が減ったおかげで、本当にやりたいことを考えるようになった


確かに、制約は格段に増えたんですよ。

自分が本当に自由に使える時間は、週に半日くらいあればいいほう。
夜だって、いつ夜泣きがはじまるかわからない。
もし昼間に時間ができても、寝不足を解消するだけで終わってしまうことも多い。

でも!
わたし、出産からの一年間で、
安室ちゃんのライブにも行ったし、
宇多田のライブにも行くし、
年に数回だけど友人との飲みにも行ったし。

保育士の筆記試験も実技試験も受けたし、
それで保育士免許取れたし、
こうやってブログも書いているし。

あれ、そういえば子育て前って、
ライブなんてほとんど行かなかったし、
友人との飲みも面倒で行かないこと多かったよね、と。
自主的な勉強なんてしていなかったし、
ブログだって続かなかった。

今のほうが、やりたいこと、
堂々とやっているみたいです。

きっと、時間が限られているぶん、
本当に行きたい!やりたい!と思うことが出てきたら、即実行しているのかなぁと。
もちろん出来ないこともあるけれど、
だからこそ出来ることは、
限られた時間を縫ってでもやろう!と、
時間を大切に使えるようになったのかもしれません。

それに気づいて、
制約があるってことは、
わたしにとってはプラスの面が大きかったんだなと考えられるようになりました。
しかも、子育てという、とっても大切で、とっても大事な制約ですから。




むしろ、本当にやりたいことしか出来ない


わたしは、寝不足の身体を押してがんばるタイプではありません。
体力もないので、疲れているときは休む!と決めています。
せっかく自由な時間があっても、
だらだらしちゃうこと、よくあります。

そういう性格なので、
本当にやりたいことしか、出来ないんですよね。
やりたくないことに使う時間なんて、これっぽっちもない。

だから、いまわたしの時間は、

・子どもと過ごす
・体力を回復する
・本当にやりたいことをやる

の3つ。

もちろん子育ては大変なこともあるけれど、
この3つで自分の時間が満たされているって、もしかして、とても幸せなことなのでは!
と思います。



大好きな子供と過ごしつつ、本当にやりたいことを追う贅沢を。


本当にやりたいことをやる。
って、とても贅沢だなーと思います。
でも、子どもを育てて、制約が出来てから、
そんな贅沢を、諦めなくていいと考えるようになりました。

変なプライドを持ったり、
人の目を気にしすぎたりすることもなく。

大好きな子どもと過ごしながら、
自分の好きな本を読んで、
好きな料理をして、
たまーに好きなものをハンドメイドして、
資産運用も好きなのでコツコツ運用して、
そしてそれらをブログに書いて。

地味だけど、とっても楽しい。
まだブログは小銭しか稼げていませんが、
それも含めて楽しんでいます。
好きなことを全部材料にして、
なんでも記事を書けるって、
ブログがある時代でよかったなーと思います。

そして、わたしが楽しく過ごしていると、
子どももきっと、安心して楽しくいられると思います。(おそらく夫も)

だから、文章を書くのが嫌いで、
ブログなんて書きたくなかったら…。

数字が好きならプログラミングを勉強したり。
デザインが好きならWEBデザインの勉強をしたり。

なんでもいいと思います。

制約がある中で、
自分の好きなものに自分の時間を使えたら、
きっと自分にも家族にもやさしくなれるので。

これからも、
子育てをしながら、
「自分の貴重な時間を何に使おうかな」と、
ちゃんと自分に問いつづけて、
自分に正直でいよう、と思っています。